ふんわり赤ちゃんケアネット

赤ちゃんの肌ケア

「赤ちゃんのような肌」という例え言葉がありますが、乳幼児期に実際赤ちゃんのつるつるピカピカの肌を保つのはとても難しいことだと思います。

 

保護者が正確な知識を身に着け、幼児期は常日頃から保湿を頑張ることが大切です。

 

生まれたての赤ちゃんの顔にできる乳児湿疹は、見た目に痛々しく、周囲の人の何気ない「かわいそうね」の声がけに母乳の質が悪いのではないか、自分の食事の内容に問題があるのではないかと、まじめなお母さんが自分を責めて苦しむことが多いように思います。

 

私も「新生児の時期の顔の湿疹は、生理現象でお母さんのせいではありませんよ。」と乳児健診の時に先生に声をかけてもらい、大変元気づけられました。入浴時に石鹸で清潔に洗い、ワセリンで保湿を欠かさずしていれば、時間はかかってもきれいに治ります、という言葉通りに乳児湿疹は1歳になる前にきれいに完治しました。

 

おしりにできる湿疹は、逆に保護者の努力が試されます。便は肌につくと刺激になってすぐに荒れてしまいます。

 

下痢の時は、おしりふきを何度も使うとそれが刺激になるので、うんちの度にお風呂場でぬるま湯で洗い流すことをおすすめします。

 

幼児期は冬の間は乾燥で背中に湿疹が出来ました。お医者さんより「一度肌が荒れてしまってからきれいに戻すのはとても難しいから、夏の終わりから保湿を頑張ってね」と言われましたので、市販のワセリンで入浴後と朝の着換えのときに保湿を欠かさず行い、梅雨の時期に入るまで続けました。

 

それでも乾燥で赤い湿疹ができてしまい、弱いステロイドを皮膚科でもらい、処方の通りにしっかり塗って短期集中で治しました。

 

最近ステロイドを嫌がる保護者が多く、こどもが湿疹をかき壊してしまい酷くなって、やっと薬を塗るというケースが非常に多いそうですが、症状が酷くなるとより強い薬が必要になるので、処方どおりに継続して塗ったほうが治りが早く、こどもへの負担が少ないように感じます。

 

一時的に赤みがひいても自己判断で薬を止めずにしっかり治療することが必要です。